頸肩腕の痛み

頸肩腕症候群 / 胸郭出口症候群とは

頸肩腕症候群とは肩こり、頸部痛、肩甲部痛、腕の痛み、手の痺れなどの症状の総称です。頸肩腕症候群の中に、「酷く痛い肩こり」の原因となる胸郭出口症候群と呼ばれる、原因のはっきりしている病気があります。

胸郭の出口の狭い部分で腕神経叢と鎖骨下動脈、鎖骨下静脈が圧迫されるために起る一連の症候群をいいます。
首周囲の筋・肩・腕・指などが痛んだり、しびれたりする症状。頸部の脊椎の変形、胸郭出口の神経の障害や血管、一部の筋肉の酷使などさまざまな原因によって起こります。

はじめは、寝違い、肩こりかな・・・と思っていたものが、肩から上肢にかけての感覚異常、脈拍低下、皮膚温度低下、血圧低下、レイノー現象などの血行障害などの症状が続きます。

胸郭出口症候群は、以下のように分類されます。

  • 斜角筋症候群 (最も多く見られます、下記)
  • 頸肋症候群
  • 肋鎖症候群
  • 小胸筋症候群
  • 第一肋骨症候群

斜角筋症候群

原因として、日常の不良姿勢(例えばデスクワークで背中を丸めたような姿勢)が、まず問題となります。 そこから、絞扼性障害による神経症状を引き起こしてしまいます。

鎖骨下動脈と腕神経叢は前斜角筋と中斜角筋の間の斜角筋隙(斜角筋三角)を通過します。不良姿勢や上肢の挙上を頻々に繰り返すと斜角筋が炎症、肥厚し、斜角筋隙で鎖骨下動脈と腕神経叢が圧迫され、痛みやしびれ等の症状を引き起こします。

20~30歳代の「なで肩の女性」、「オフィスで長時間のPC作業をされている方」に、多くみられます。

施術について

当院では、徒手治療とはり施術により、過緊張になっている背部全般、前頸部を緩めます。そして灸施術により患部周辺の、血流改善を目的として行います。同時に、日常の不良姿勢を矯正の必要性や、生活上の注意を理解していただきます。

発症してからの経過期間と、状態により個人差がありますが、根気よく治療を続ける事が重要です。

当院では、痛みや痺れの強い急性期には、週2回~3回の通院をおすすめしております。症状の重さや、発症してからの経過期間により治癒まで個人差がありますが、約1ヶ月以内にほとんど良好な結果となっております。

お勧めの施術は、全身のバランスを整えるため、全身施術(だいたい60分)となります。

ご予約について

当院は予約制ですので、電話又はLINEにてお願いいたします。


※当日のご予約は、お電話にて承ります。
※LINEでのご予約は、下記のQRコードを読み取ってご利用ください。

  • 都合によりキャンセルされる場合、120分前までにご連絡をお願いいたします。
    それ以降またはご連絡無くキャンセルされた場合、キャンセル料(6,000円)をいただきます。
  • 交通事故による、むち打ち症等は「自賠責保険」での治療も可能です。事前にご相談ください。
  • 当院ご利用の領収書は確定申告時、医療費控除の対象となります。