スポーツで傷めやすい、肘の外傷

上腕骨外側上顆炎

俗称:テニス肘
物をつかんで持ち上げる動作やタオルをしぼる動作をすると、肘の外側から前腕にかけて痛みが出現します。多くの場合、安静時の痛みはありません。
肘の上腕骨外側には、手首を反り返す時に使う筋肉群が付着しています。
その中でも、最も原因となる筋肉は、短橈側手根伸筋が多いようです。
以前、テニスのバックハンドは片手打で、非常に負担の掛かる部分でした。テニスをしなくても、デスクワークのキーボードの操作での疲労から、炎症を発症する方も多くみられます。

上腕骨内側上顆炎

俗称:ゴルフ肘
物を持ち上げたり、手に力を入れる動作などで、肘の内側に痛みが生じます。
肘の上腕骨の内側に橈側手根屈筋、尺側手根屈筋、長掌筋、円回内筋が付着しています。
その中でも、最も原因となる筋肉は、橈側手根屈筋です。ゴルフでは、利き手の肘内側に痛みが出ます。悪化すると、物を握るだけでも肘の内側に痛みが強く出ます。

どちらの肘の症状も、使いすぎが原因となるため、負担を無くすため、スポーツなどはプレーを休まないと治りません。 デスクワークでは、負担が掛からないように、動作に工夫が必要です。

施術について

  • 当院では、急性期(炎症の強い時期)には、はり灸治療を中心に消炎を目的に施術します。
    その後、患部を弾性包帯で少し圧迫します。炎症が沈静化してきたら、リハビリとして前腕の筋肉のストレッチやマッサージに加え、前腕の前面と後面のバランスを取ることを目的に調整していきます。
  • 程度にもよりますが、徒手治療とはり灸施術により、1ヶ月位で通常の痛みは消失します。
    しかし、テニス、ゴルフなどのプレー再開には、患部の筋力を回復させないと再発してしまいます。


お勧めの施術は、患部周辺施術(だいたい30分)となります。

施術料 : 3,000 円

※表示料金はすべて税別です。