飲酒後の生理学(体内のアルコール処理)

アルコールを処理する仕組み

アルコール→アセトアルデヒド→酢酸→炭酸ガス・水

内でアルコールを処理して行くのは、主として肝臓です。アルコールを飲んだ場合、そのアルコールは、肝細胞内のアルコール脱水素酵素(ADH)や、ミクロソームエタノール酸化系酵素(MEOS)などによって、アセトアルデヒドになります。

このアセトアルデヒドが、毒性を持ち、悪酔いや二日酔いの原因となっている物質です。しかし、このアセトアルデヒドもアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)によって酢酸になり、最終的には、炭酸ガスと水になって無事に体外に排出されます。

この様に、肝臓が良い仕事をしてくれるお陰で、私たちはお酒を飲んでも、酔いから覚める事が出来るのです。感謝をしなければいけません。しかし、大量のアルコールが体内に入ると、分解処理が間に合わず、体内にアルコールが残った状態、つまり二日酔いを起します。一度や二度の二日酔いなら笑ってすませることも出来ますが、大量飲酒が長く続けば、肝臓は分解処理に追われて、アルコール性の肝障害を起こしていきます。

常習飲酒に加えて、特に連日の過剰飲酒、栄養の偏りや不足などのある人は、ちょっと見直した方が良いかもしれません。カラダに優しい飲み方をしてください。

このページのトップへ

お酒が強いヒト、弱いヒト

酒が強いヒト、弱いヒト、いったいカラダのどこに差があるのでしょう?アルコール処理の過程で、アセトアルデヒドという有毒物質が出されるということは前でも述べましたが、そのアセトアルデヒドを分解する能力に差があるのです。

アセトアルデヒドを分解する酵素のうち、主力としては、アセトアルデヒドの血中濃度が低い時に働く儀燭函高い時に働く況燭あげられます。この儀燭ないと、アセトアルデヒドの働きの為、すぐに酔った状態になってしまいます。一般に強いといわれる人は、儀拭Ν況燭箸盪っていて、少量のお酒ではアセトアルデヒドの影響をあまり受けないのです。

日本人は欧米人に比べてお酒が弱いと言われるのも、日本人にはこの儀新臑纂圓多いのに対し、欧米人は儀拭Ν況燭箸盪っている人がほとんどで、これが反映しているのです。

このページのトップへ

飲めば飲むほど強くなる?

もともとそれ程飲めなかったのに、飲み続けているうちに段々強くなった。」などと言う人がいますが、それは本当でしょうか?しかし、実際に経験してきた方もいるかと思います。

これは、アルコール処理の過程で、アルコールをアセトアルデヒドに分解するMEOSのせいです。もう一度、アルコール処理の図を見直してみてください。アルコールの代謝率は、ADHで75%〜80%、MEOSで20〜25%位です。飲み続けた場合、ADHは活性化しませんが、MEOSの酵素はアルコール量に対応して、段々増えていきます。そのため、アルコールの分解能力が増し以前より酔わなくなってくるのです。うまくできていますね。

しかし、MEOSが活性化し、解毒酵素が増えて行くと、飲んだ薬まで解毒して効かなくしたり、食品添加物などの人工的な化学物質を変化させて毒性の強い物質をつくり組織を障害していく、などの害も及ぼしていきます。この辺の仕組みも理解しておくべきでしょう。

このページのトップへ