山歩き(トレッキング)で腰痛予防

山歩き(トレッキング)をはじめてみませんか?

動機

運動不足には山歩き

  • 日頃、運動不足を感じ何か身体を動かしたいと思っている。
  • 毎日の仕事に追われ心のゆとりが感じられずストレスが溜まっている。
  • 何とかしてストレス発散させたい。
  • 排気ガスで曇った空でなく、ぬける様な澄んだ青空が見たい。
  • きれいな空気を思い切り吸い込みたい。
  • 硬いアスファルトの上でなく柔らかい土の上を歩いてみたい。

動機は何でもかまいません、とりあえず出掛けてみましょう!

このページのトップへ

何故、山歩き(トレッキング)か?

何故、山歩きか?

くという動作は人間の基本的な動作であり、たいていの人ならば無意識にできます。でもどうせならば歩くことに集中できる場所を歩きたいものです。

美味しい空気を吸いながら、クッションの効いた柔らかい土の上を歩いてみようと思ったら山歩きが良いでしょう。「歩く」事の延長にある登る、降るといった動作も自然に含まれていますので、より積極的に身体を動かす事ができます。 ゆっくりしたペースならば心臓にも負担がかかりません。のんびり、ゆったりいきましょう。

このページのトップへ

五感

良く晴れた日には何十キロも先にある山並みを目にする事もできます。少し標高が高くなるだけで沢山の物が視界にはいってきます。
山の麓或いは山中では様々な音がします。木々のゆれる音、木の葉の擦れる音、鳥の囀り、キツツキが樹を突つく音、虫の声、谷から吹き上げる風の音などなど結構賑やかです。
雨の降り始めの土の匂い、針葉樹の葉や樹皮の清々しい匂い、或いは登山道を横切る毛物のにおい、いろいろな匂いがします。
乾いた喉を潤す清冽な湧き水、樹々の葉に濾過された空気も たとえようも無い程おいしく感じられます。
手・足
じんじん痺れて来るような雪解け水に手や足を冷やしたり、ふわふわの苔の絨毯を撫でてみたり、又は寄りかかった岩や樹が 意外とひんやりしているのに驚いたり、いつもと違った感覚が味わえるのも山歩きの醍醐味です。

山歩きイメージ

このページのトップへ

身体感覚

つもと違った刺激を与えてあげると身体がそれに反応します。太腿やふくらはぎの張った感じ、木の根を踏む足の裏、汗ばんでくる背中、しだいにきつくなってくる肺。少し身体を動かすだけで普段何気なく 使っている「自分のからだ」をより意識します。

考えていた体力と実際に動かした時の体力の違いを感じるかもしれません。そこで疑問が生まれます。自分の身体に欠けているものは何か?
スタミナか、瞬発力か、柔軟性か、腕力か、脚力か、山道を歩きながらそんなことを考えてみるのもまた良いものです。

このページのトップへ

行動

山歩きイメージ2

上に向かう事だけが山歩きではありません。勿論、頂上に立った時の気分はそれが晴れた日ならば格別でしょう。しかし新緑の頃に萌え出でる若葉を見上げながら、アップダウンの少ない道を歩くのも、のんびりとしてまた良いものです。

アスファルトとは違う土の柔らかさを感じられるのも、鳥の囀りが聞こえてくるのもそんな余裕のある時です。気持ちにゆとりを持って行動しましょう。何回か山歩きに出かけているうちに自分に合った歩き方が見つかるはずです。

このページのトップへ

準備

の書店には必ずと言って良いほど山のコーナーが設けられています。その中から気に入ったものを何冊か手に取ってみてじっくり読んでみて下さい。服装食事装備のことが詳しく説明してあります。

詳しい事はそちらにお任せします。最初はあるもので出掛けてみましょう、少しずつ買い足せば良いのですから。

このページのトップへ

季節

山歩きイメージ4

い立った時に始めてみましょう。若葉の、涼風が気持ちよい、色とりどりの、見晴らしの良い。日本の四季はいつでも楽しめます。からだでもっともっと季節を感じましょう。自分が持っている五感を使ってあげると今まで見えなかったもの、聞こえなかったものが感じられるようになります。

とにかく、気軽に始めてみてください。きっと、トレッキングで新しい世界がはじまると思います!

このページのトップへ