走り(ランニング)の姿勢

走る前に

段から、ほとんど運動をしていない方は、軽い散歩から始めて、慣れたら徐々に速めのウォーキング(WALKING)をしてみましょう。
ウォーキングでは、フォームをしっかり意識しましょう。

「歩く」と「走る」とは一体どこから区別するのでしょうか。

「歩く」とは・・・
左右交互に足を進め、一方の足が地面に必ず着地している状態が繰り返しつづく。
「走る」とは・・・
「歩く」動作から徐々にスピードが上がり、両足が地面から離れている瞬間があり、片足着地が繰り返しつづく。

このページのトップへ

走りのメカニズム

 

重心

歩行と重心

立姿勢から体を前に傾けます。そうすると倒れないように足が自然に一歩前へ出ます。

重心が前に移動してそれを支えるため自然に足が出ます。この足が重心より前に着地してしまうとブレーキとなってしまい、上に浮き上がる動作を引き起こします。

体の上下動が大きすぎると、ブレが生じるので前にいくエネルギーがロスします。蹴った足は後方に上げすぎずコンパクトに膝関節を折りたたんで回転させましょう。

下半身

歩行ステップ

ま先を内や外に向けないようにしましょう。俗に言う内股歩行ぎみの人はつま先が内に入りすぎてしまうので、足関節を捻挫しやすく、膝関節も傷めてしまう場合もあるので、フォームを直し、正しく「歩く」という動作の段階で修正した方がよいでしょう。

走力とは、体をいかに速く水平に移動させられるのかという能力です。

ランニング着地

着地する部分は、「歩く」場合踵から着くのですが、「走る」場合くるぶしの真下辺りで着地する方が膝・足首への負担は少なくなります。

上半身

ランニング頭上イメージ

半身は骨盤の動きと協調して働いています。決して固定されているわけではなく、広背筋、腹直筋、外腹斜筋、前鋸筋等などの動きを伴い、肩甲骨周囲を前に押し出す様な動きと同時に、腕を前に振り出すと体幹部は押される様に前へでます。足の着地のタイミングは腕振りでバランスを取っています

必要以上に腕を大きく振りすぎるのは良くありません。腕を大きく振りすぎると足のスピードとシンクロする分、次のステップが長くなり、ずれが生じて、思い通りほどスピードが上がりません。従って自分の身体、脚力に応じたストライドを見つけることが大切です。

肩甲骨周囲の柔軟性がなくなるとフォームの崩れからピッチが低下し、余計なところへの負担が増えて怪我をしやすくなるのでストレッチ等で硬さを取り除きましょう。

ランニング姿勢

肩甲骨の周りの筋肉が硬くなると、上半身と下半身のねじれがスムーズに行われなくなり体が横にブレて、フォームのアンバランスが生じます。背すじを伸ばして、上体をしっかり起こして走ることも重要です。

背中にアーチを作ると腰と背部の負担が大きいと思われますが、良い姿勢が保たれることによって、骨盤の前傾も保たれ肩甲骨の動きが伴い下半身とのバランスがよくなり推進力が上がります。

このページのトップへ

より早く走るには

  • 重心をスム−ズに移動させるのを基本に、フォームを見直す。
  • 上下動を抑える。
  • 膝から下の部分を力まないで振り出す。
  • 腕を大きく振りすぎず、脚を高く上げ過ぎない。

疲労による身体の硬化を防ぐ為、疲れが貯まってきたと感じる前に、はり・マッサージ等でしっかり体の疲れを取り除き、良いコンディションを保ちましょう。

このページのトップへ