バッティングの原理と治療

バッティング

下半身

バッティングの下半身

  1. 地面に対して軸足(捕手側の足)を斜めに構えて、軸足に一度体重を乗せる。軸足を蹴る意識が強すぎるとその分前に上体が突っ込んでしまいます。そうなるとボールをミートしずらいうえに、脚のパワ−ロスになってしまいます。
  2. 軸足の膝を絞った状態で回転する。膝を曲げて開じます。 股関節の力によって、腰の回転が生じ、反作用で脊柱がひねられ、戻そうとする力がスイングになります。
  3. ステップ脚の膝は着地の瞬間に内側に絞られた状態で緩んでいる方が自然に体が開かず壁ができます。ステップ脚をピッチャ−方向に出せば、重心が前に移動する距離が長くなるので、パワーに変えられますが自分の脚力以上に大きく踏み込めば、目が離れる、軸がぶれるなど弊害もあります。
  4. 腰を捻る際に脚が柔らかく保たれ前足がステップして股関節の力によって腰の回転が生じるのです。

ステップをする場合、足を高く上げ、大きく踏み込む打者と、小さく踏み込んで重心のブレを少なくする打者がいます。重心を前にスライドすることはどちらが良い悪いではなく、個々のバッティングのスタイルの違いです。

腰→股関節→腰→上体の回転

このページのトップへ

上半身

記の通り股関節の捻りから腰の回転が始まり、その反作用で上半身が捻られます。 全身の力をうまく使えるフォームとは下半身のエネルギーをスムーズに上半身に伝えられることです。

バッティング時の上半身

左腕(右バッター)

半身を右肩やや後方に捻り、捻った分を戻す様に回転させます。やや右後方にひねるほうが背筋部、側腹、腹筋が使われます。やや後ろめにグリップを上げるようにテイクバックをした方が良いでしょう。

両肩の回転が高まるまで左腕を送り出さない。バットは左肘で引っ張るより「押す」イメージでスイングします。

背筋中心の動きをすればスイングの軌道は体にまとわりつくような動作になります。

右腕(左バッター)

ラックスしてバットを構えて、上体を捻り肩甲骨がスムーズにシンクロして斜め上方に動き、捻った上体を戻せば腕の送りは自然についてきて、右腕はうまく使われます。

前述の説明でイメージできない場合は右腕をインパクト時だけ力を入れるつもりで振りましょう。力が入り過ぎず滑らかなパンチスイングになります。肩関節の周りを柔らかく動かせなければ、股関節の捻りも引き出せず、パワーのないスイングになるでしょう。右腕は左腕がうまく使えれば自然と出てくるものです。無意識に自然に動かせる事が出来ればうまく使われています。

このページのトップへ

バッティング時の身体の軸

とは脊柱の重心線のことを言います。

スイングが行われる際、軸をぶらさず下半身から上半身へエネルギー伝達がスムーズに行われ球を捕えていれば、飛距離はおのずとでるものです。

頭を残し捕手側の足でしっかりエッジを効かすように踏ん張れば背筋が強く働き、インパクトの瞬間、上半身が少し反る(背筋群が働く)のが右の図からもわかります。

このページのトップへ

Q&A

Q.よいバッティングを維持するコンディショニングは?

A. バッティングフォ−ムは体の捻りが強い動きのため、腰・背・脚部に疲労が現れると筋が疲労して硬くなり、脚は踏ん張りが効かず、フォームは崩れます。疲労等による肩甲骨周り、背筋、脚部の硬化はスイングスピ−ドを遅らせるばかりでなく怪我の原因にもなります。そのようなときはハリ・マッサ−ジなどで積極的に疲労をとる様にしましょう。ウェイトトレ−ニングを取り入れるのも良いですが、自分に不足している部分を補うメニュ−を組みましょう。

Q.股関節の柔軟性をつけるには?

A. ストレッチをするだけでは柔軟性を得られません。柔軟性は筋肉同士の引っ張り合いがバランスよく行われ、丁度良い位置で関節を支え合えれば、良い姿勢、フォームにつながります。股関節で言えば大腿二頭筋、殿筋、内転筋等、股関節の伸展に作用する筋をトレーニングしてバランスを取りましょう。

例・レッグカール、スクワットなど。

このページのトップへ