ピッチング・野球肩・野球肘の予防と整体・鍼灸(針灸)治療

投球動作:テイクバック

ピッチングその1

イクバックのとき肘が肩より下がると肩の前の方にとても大きな力がかかってしまいます。(左写真の赤線に注目)この場合自分では肘の位置がどうなっているのかわかりにくいものです。フォ−ムを自分で確認する方法として、VTR、又はカメラを使用してコ−チ、チ−ムメイト同士でのフォ−ムチェックがよいでしょう。力み過ぎも禁物です。テイクバックの時、ボ−ルには前へ押し出される力はかかっていないのに指先ばかりに余計な力が入ればパワ−をロスするだけです。

背筋群(小円筋、大円筋、棘上筋、脊柱起立筋、三角筋の後部)が主に働いて、テイクバックを形造っているので、胸を張るより、背中を意識して下さい。

このページのトップへ

投球動作:アクセレレーション

ピッチングその2

から肘、次は手首、指先というふうに支点が移動しつつ、上体のひねりが加わる動作。ムチのようなしなりがなければ速球は投げられません。

肘と肩は最も負担がかかり、この動作の不協調や筋疲労で障害が起こりやすい。大胸筋、広背筋、上腕三頭筋、前腕の屈筋、肩甲下筋、などが主に働きます。

このページのトップへ

投球動作:フォロースルー

ピッチングその3

をつける点は手首から指先をしっかりかえしてボ−ルをリリ−スする。(結果、球離れを遅らし、バッタ−にとってタイミングのとりにくい、スピ−ドボ−ルが投げられる。)

フィニッシュで軸になる左足から右足でしっかり着く時に左半身が開きすぎるようなら左足が体重を支えきれていない。スム−ズな体重移動が行われておらず全体のバランスが崩れ球威、コントロ−ルがなくなるのです。

このページのトップへ

下半身の筋力強化

ピッチングその4

半身はただ投球の流れをまとめるためだけの動作ではなく、大きなエネルギ−をつくり上半身とのハ−モニ−をつくったうえで速球が投げることができるのです。

野手の場合、捕球から送球への足の運びで送球の善し悪しが決まるといっても過言ではありません。

このページのトップへ

柔軟性をつける

軟性をつける: 肩甲骨まわりの柔軟性をつけることで、肩の動く範囲が広がり大きくダイナミックなフォ−ムになるのです。

筋肉の硬さ(腫り)は疲労度の目安にもなり,ストレッチである程度疲労を軽減できますが、過度の慢性疲労はけがのもとです。マッサ−ジ、鍼灸(針灸)などで積極的に疲労回復をするべきです。

以上はあくまで代表例をあげたまでです。骨格、筋肉のつきかたには個人差があります。身体が大きく筋力のある選手が必ずしも速球を投げれるというわけではなく、小柄な身体で速球を投げる選手は、身体の使い方がうまく、バランスよく筋力がついているといえます。「肩を強くする」ことをカラダ全体でとらえてウェイトトレ−ニング、チュ−ブトレーニングなどをとりいれるとよいでしょう。

このページのトップへ