東洋医学(漢方医学)入門:東洋医学(漢方医学)の症状は、鍼灸で治療

東洋医学(漢方医学)とは?

般に東洋医学と呼ばれているものは、古代中国で生まれたとされています。独自の臨床体験と治療効果に裏づけられた鍼・灸・按摩などの物理療法と、薬物療法の総称のことで漢方医学とも言われています。

鍼灸・按摩は身体の表面から、漢薬による薬物療法は身体の中から、表裏一体となって病気を治し体調を整えていこうとするのが東洋医学の本来のありかたです。 なんとなく身体の調子が悪い、検査値は悪くないのにつらくてしょうがない等、原因がはっきりしない症状の時に東洋医学(漢方医学)の考え方で説明がつくこともあります。

東洋医学(漢方医学)での様々な症状は、全身をめぐる気(き)や血(けつ)といった「エネルギー」の過不足からくると考えられます。そのエネルギーの流れを元に戻してあげることが治療の目的となります。この流れは全身を巡っていますので、患部だけでなく、身体全体をみることが大変重要になってきます。

このページのトップへ

東洋医学(漢方医学)の考え方

 

陰陽五行説

陰陽五行説

陽五行説がその基本になっています。これはたとえば、太陽と月、南と北、夏と冬というようにすべての自然界の現象は陰・陽二つにわけられ、また木、火、土、金、水五気によって自然界は支配されているという考え方です。

人間の体の中にあり生命の中心になっているものが肝、心、脾、肺、腎五臓で、それぞれが五気にあてはまっています。しかしここでいう肝とか心は現代医学でいうところの肝臓や心臓と必ずしも一致しているわけではありません。

六臓六腑

六臓六腑

とは上記の肝、心、脾、肺、腎心包を加えたものでに属します。 六腑とは胆、小腸、胃、大腸、膀胱、三焦のことでに属し六臓を補助します。

六臓と六腑は陰陽という表裏の関係をとり、お互いに影響を及ぼしながら身体の調和をはかっているのです。

臓腑と経絡

康とは上に述べた六臓六腑が正常に働いている状態と考えられ、逆にこれらの機能が乱れ調和の取れなくなった状態を病気と考えます。 この臓腑の機能を正常に保つために、身体中をめぐる「気」「血」といったエネルギーの通り道を経絡といいます。

経絡は六臓六腑と関係をもち、例えば、肝をめぐる経絡は肝経といい、それぞれ、胃経、腎経、膀胱経といったように臓腑の名前を冠し、からだの前面、側面、背面、腕、脚、頭といった所を各々関係しながらめぐっています。

五気 五色 五臓 六臓
小腸
(心包) 三焦
大腸
膀胱

このページのトップへ

ツボ(経穴)について

 

ツボ(経穴)とは何か?

ボとは簡単に言うと、経絡という流れのなかにあり、身体の状態があらわれる反応点であり、症状を見極める診断点にもなり、実際の治療点でもあります。

未病といってまだ身体の表面には出てきてはいませんが、奥のほうに潜んでいると思われる病気があります。この未病について、身体が現在どのような状態にあるのか、これからどのような症状があらわれてくるか、といった事の一つの判断点としてもツボは使われます。

ツボはどこにある?

いたいのツボは、経絡という流れのなかにあり、頭のてっぺんから足の先まで広く分布しています。 指で押した感じとしては、ツボにうまくあたるとそこから身体の奥の方に「響き」を感じ,他の所とは明らかに違った感じをうけます。

ツボの押し方

表的なツボ〜合谷(ごうこく)手三里(てさんり)労宮(ろうきゅう)をまず片方の手の親指を使い押してみましょう。これらのツボは首や肩がはってつらいときや、手が疲れてだるいときに特に有効です。試してみましょう。

ツボと指圧1ツボと指圧2

ツボと指圧3 合谷(ごうこく)
手の甲側で、母指と人差し指の骨の分かれる所で、人差し指の母指側にあります。押すとズーンと響きがある所です。押し方としては、やや骨のきわから手のひらの中心に向かって押すようにすると良く効きます。
ツボと指圧4 手三里(てさんり)
腕組みをするように身体の前で肘を曲げ、肘から手の甲に向かって4〜5センチの筋肉の盛り上がった所。人によっては筋肉が硬くなり軽く押しただけで痛がる人もいます。腕の中心に向かって押すようにしましょう。
ツボと指圧5 労宮(ろうきゅう)
手のひらのほぼ中央で、指を軽く握って中指の先がつく辺りにあります。手の甲に響く感じがでるように押します。
ポイント

ツボは押し方によって効く場合とそうでもない場合があることに気付かれると思います。だだ指を当てるのでなく、次のことに注意してみて下さい。

  1. 皮膚表面に対して垂直に力が入るように押す。
  2. じんわりと力を入れ持続し、やんわり抜く。
  3. 力を入れすぎない。
  4. じーんと感じる「響き」を大切にする。

まずは自分の身体で試してみて下さい。

このページのトップへ